MTAA新着ブログ
ktmjapan

アイ・セラピスト専門学院は、KTM Japanの公認セラピストとして全国のモーターサイクルレースに参加されるKTMライダーのメンテナンスをしています。

求人について
4sure

講師紹介

学院長のごあいさつ各校紹介

理事長

理事長長尾 祥史

直接感謝の言葉をいただける、数少ない仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

カーセールス→生命保険→不動産と営業畑を転々としていた20代でした。 阪神淡路大震災のボランティアをきっかけに自分の生き方に疑問を持ち、人を癒す仕事に興味を持ち始めました。
そんな時出会ったカイロプラクティックに一目ぼれ。以来十数年カイロプラクティックにどっぷりはまっています。

印象に残った体験談は?

たくさんあるのですが…今パッと思い出したのは、坐骨神経痛で通っていた患者さんの「息子さんのフィアンセぎっくり腰事件!」なんと結婚式まで1週間。
毎日通っていただいてなんとか痛みを和らげることが出来ました。結婚式も新婚旅行のオーストラリアへも問題なく過ごすことが出来たと、お土産を抱えて報告に来られた新婚さんの笑顔…10年くらい前のことですが今でも忘れません。

プロを目指す方へ

セラピストは、人から直接感謝の言葉をいただける、数少ない貴重な仕事です。
そこに大きなやりがいを感じるだけではなく、自分自身の存在価値をも見出すことが出来るでしょう。
そんなセラピストになる為の勉強やトレーニングは決してハードルの高い物ではありませんが、淡々と続ける根気と向上心が必要です。
それは学校を卒業しプロになっても、永遠と続きます。自分を磨き続ける仕事だから、私たちは1年生の新米でも世間から先生と呼んでもらえるのです。

▲ ページの先頭へ

学院長

藤田志乃藤田 志乃

直接感謝の言葉をいただける、数少ない仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

大切な人を癒したい。
それは、両親であったり祖父母であったり、パートナーであったり・・、人それぞれ違うかもしれませんが、私は以前の仕事で飛び回っているとき、「癒されたい」人でした。体も心も疲れ切って、とにかく全身癒されたい、とほぼ毎日どこかのリラクゼーションサロンに通っていた気がします。
食べ物ではなく、物ではなく、私が求めていたのは癒しでした。繰り返し繰り返しサロン通いしているうちに、大げさではなく、たぶん1000回近く施術を受けました。するとサロンや人によっていろんな施術の違いや手の違い、サービスや心の違いがあるんだということが分かりました。そこをふまえて今度は癒す立場の人間になろうと一大発起しそれまでの仕事を辞め勉強に勉強をかさねてセラピストの道に入ったのです。
もちろんそれは、セラピストに癒していただいてきた恩返しでもあります。
そして、人の手がもつあたたかさを伝えたい・・そう思ったのが始まりです。

印象に残った体験談は?

施術での思い出もたくさんありますが、ここは生徒さんとの思い出をひとつ…。
まだ私が学院長になって間もない頃、学院に1本のお電話がかかってきました。「わたしはアロマなど習いたいです。でもひらがなしか読めません。漢字だめです。入学だめですか?」と言われました。その方はブラジル生まれのかたで日本で育ちいま介護助手をしているとのことでした。「わたし漢字も読めないし資格もなにもとれず、五十半ばを過ぎてしまった。でもやっぱり勉強をしたい、他のとこも断られました、ここもダメですか?」と。
正直一瞬悩みました、テキストや実技ノート、どれも漢字だらけです。でも数十秒後には答えてました。「一生懸命学びたいという気持ちにダメなどありません。できる限りの協力を私もしますのでがんばりましょう!」と。
さて、テキスト。私にできること。漢字という漢字すべてにふりがなを手書きする。気の遠くなる作業でした。そして1通のお手紙を書きました。全部ひらがなで・・。数日後お電話がかかってきました。声になってなかったです。「字みました。全部ふりがな・・わたしにこんなに優しくしてくれた。わたし忘れません。一生懸命がんばります」私も泣きました。大切な大切なことを私も教わったのです。セラピストとは、相手を思いやる心です。手から伝わるのは技術だけではない。
私は、当学院の講師にはそこを一番大切に考えていただいています。
だから「アイ・セラピスト」なのです。

プロを目指す方へ

あなたはどんなセラピストになりたいですか?目をつぶって思い浮かべてみてください。そこにはどんなあなたがいますか?
私たちは、自身がもつすべての知識と技術をもって、心をこめてその夢のお手伝いをさせていただきます。どうか、あなたのそのあたたかい手でたくさんの方を癒してあげてください。答えはきっとそこにあります。

▲ ページの先頭へ

札幌

小林 治美小林 治美 札幌校 詳細

皆様から感謝され、
とてもやりがいのあるお仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

私自身若い頃、頭痛とめまいに悩まされた時、カイロプラクティックに出会い、救われました。そのことがきっかけでカイロプラクティックを初め様々な手技療法を学び、この仕事を続け20年をこえてしまいました。

印象に残った体験談は?

30代の男性がぎっくり腰で歩く事もままならない状態で来院され、足首を持っても痛がるので施術が出来ない状態でした。腰椎が思いっきり後弯していたのです。20分程ベッドに寝てもらい、ようやく施術をする事が出来ました。
施術後は、痛みは残るものの一人で歩いて帰れるまで回復していただけました。以後最初のうちは3日に1回来院して頂き、1週間、2週間と状態を維持できる様になり、今では3ヶ月に1度、メンテナンスに来られています。

プロを目指す方へ

このお仕事は皆様から感謝され、とてもやりがいのあるお仕事です。そして「ありがとう!」の言葉で自分も癒されます。
まさに手に職! ですから一生続けていける仕事です!

▲ ページの先頭へ

岩手

工藤 陽子工藤 陽子 盛岡校 詳細

感謝の気持ちが絶えずやりがいや喜びを感じられる素敵なお仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

元々、リンパマッサージに興味があり、実際、リンパマッサージによる効果を実感していたため、やってもらうだけではなく逆に自分が人にしてあげたい、たくさんの人に同じように実感してほしいという思いから始めました。

印象に残った体験談は?

出産してから数年経っても、生理の周期が不順だというお客様がいらっしゃいました。
アロマオイルを使用したオイルトリートメントを施術してから、生理が出産前の周期に戻ったと驚かれていました。オイルトリートメントをしてもらうと体が「楽になる」「軽くなった」、と喜ばれすごくうれしく思いました。

プロを目指す方へ

セラピストとして自分が提供したサービスに対して「ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えられるとホントにうれしくて更にがんばろう!! という気持ちが湧いてきます。
感謝の気持ちが絶えずやりがいや喜びを感じられる素敵なお仕事です。

▲ ページの先頭へ

仙台

長澤 光考長澤 光考 宮城県 仙台校 詳細

いかに学び、お客様のことを考えていくことができるか。その気持ちがあれば、大丈夫です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

自分自身が学生時代ハンドボールをやっておりましたが、腰を痛めることがありました。
病院などに行くも、はっきりと診断はなかなかなく、度々繰り返していました。
その時出会ったのがカイロプラクティックです。
身体が楽になるのは勿論、その即効性に驚いたものです。
将来は人の身体から痛みや不安を取り除けるこの仕事に就きたいなと思った次第です。

印象に残った体験談は?

ぎっくり腰のお客さんが、何事もなかったように帰って行ったことですかね。
建設系のお客さまでしたが、店に来るのもやっとで、友人に運転してもらい来店されました。
足を引きずり座る、寝るも何とか出来るレベル。
施術を一通り行ったところ、背筋もピンとして歩いて小走りしてお帰りになられました。
明日も仕事ができると喜んでおられました。

プロを目指す方へ

この仕事はお客様に喜んでもらえて「ありがとう」といってもらえます。
その上お金も頂けるという、数少ないすばらしい仕事だと思います。

人様の身体をさわるのですから、しっかりとした技術・知識は必要です。
私も脱サラ組です。スタートは関係ないです。
いかに学び、お客様のことを考えていくことができるか。
その気持ちがあれば、大丈夫です。

日々勉強も必要ですが、終わりというものがありません。
毎日が充実したものとなるでしょう。

一緒に学んでいきましょう!

▲ ページの先頭へ

埼玉

群馬 文佳群馬 文佳 埼玉校 詳細

自分流のセラピストスタイルを探す旅をここから始めてみませんか?!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

高校の部活動の時、大切な試合前に怪我をしてしまい、病院では「試合に出るのは無理だね」と簡単な一言。諦めきれず友人の紹介で接骨院へ治療に行きました。先生が笑顔で「大丈夫!何とかなるよ!」その治療のおかげで、試合出場できるまで回復!
その時自分が体験した笑顔と治療の安心感。「体と気持ちが元気になれたという自分が経験したことを、多くの人に伝えられる人になりたい。」この気持ちが治療家へ進む始まりでした。
多様化する療法を日進月歩で学ぶ二十数年間、個々のカイロプラクティック・整体療法との出会いもあり、新たな技術と気持ちで患者様から頂ける笑顔と喜びが、日々この仕事を始めるきっかけとなっています。

印象に残った体験談は?

私が開院する前、勤務していた接骨院の隣に住んでいた〇〇おばあちゃん。「治療に来ると楽になるよ」といつも話し、私たちの仕事が終わる時間を見計らいほぼ毎日「美味しくないよ」とニヤッと笑顔で、食事とお茶の差し入れをしてくれていました。
私が開院した日にも、わざわざ遠くから来てくれて、いつものように「美味しくないよ」とニヤッと笑顔で差し入れをしてくれました。そのときいつもと違い神妙な顔で、「これからもたくさんの患者さんのために頑張るんだよ。すべてに感謝して少しでも人の為に役に立とうと思う気持ち、そして人を思いやる気持ちは先生としてずっと持ち続けんるだよ。」との言葉がありました。
残念ながら十数年前にお亡くなりになってしまいましたが、その言葉の記憶は当院の理念の一つである「患者様の為に頑張って、患者様を思いやる院であり続ける」となりました。
忘れられない言葉を残してくれた〇〇おばあちゃんに感謝!の体験談です。

プロを目指す方へ

セラピストのお仕事は、最初わからないことだらけで、「私に出来るかな?」と皆さんが多くの不安を抱えてのスタートとなります。
あなたに「この人(誰か)を癒してあげたい・楽にしてあげたい」と思う強い気持ちと本気で学ぶ気持ちがあれば必ず素敵なセラピストになれます!自分流のセラピストスタイルを探す旅をここから始めてみませんか?!
何かのきっかけで「セラピストになりたいな!」と思った気持ち!
とても大切な気持ちです!

▲ ページの先頭へ

埼玉

群馬 恵美群馬 恵美 埼玉校 詳細

感謝の気持ちが溢れてくる私にとって最高に幸せなお仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

主人の仕事の関係もあり、私の生活の近くに『治療』という言葉が常にありました。
『ありがとう』『楽になりました』と言葉をよく耳にする日常の日々の中で、ある日、お手伝いするだけでなく『私自身でも治療をする人・人に癒しを提供できる人になれるかな?』との気持ちが芽生えて主人に相談しました。
『セラピストになれるかどうかは、自分のやる気・勉強・技術習得への頑張り次第だけ。おまえならきっとやれるよ!』と主人からの言葉と、子供達から『ママ治す人になるの?頑張って!』の応援。
『私にもなれるのかな?』と感じた時のきっかけと家族応援が、私のセラピストスタートとなりました。

印象に残った体験談は?

初めてセラピストの仕事をした時、『ありがとう!とっても楽になったわ!』とのお言葉を頂く事が出来ました。その時ずっと抱えていた『私にもなれるかな?続けられるかな?』の不安な気持ちもその言葉でどこかに消えてしまいました。
一生懸命、私自身の両手でご依頼者を癒して『ありがとう』を頂き、『施術を受けて頂き、こちらこそありがとうございました』と感謝の気持ちが溢れてくるこのお仕事は毎回印象に残る体験で、私にとって最高に幸せなお仕事です。

▲ ページの先頭へ

千葉

片岡 信彦片岡 信彦 千葉校 詳細

人から直接感謝されるこの仕事に誇りを持っています!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

20代後半まで営業職だったのですが、太っていたせいもあり自律神経から来る体調不良で仕事に集中できず、整体を受けて楽になったことがきっかけでした。
その頃は現在共に頑張っている妻との結婚を考えていて、自分のライフワークを模索していましたので「これが自分の仕事だ!」と思い切って、この世界に飛び込みました。

印象に残った体験談は?

この仕事を始めて間もなく症状の難しい患者様を何とか楽になってもらおうと一生懸命に施術をしていましたが、その症状は経験値の低い自分にとって高い壁のようにそびえ立ちました。
そこで、「この患者様の症状が楽になるなら自分の寿命が縮まっても構わない!」という気持ちで真剣に取り組みました。
施術後、患者様が「スッキリと楽になった。」と言われたのです。この時の経験と思いが今でも自分の自信になっています。

プロを目指す方へ

私はこの仕事に誇りを持っています。なぜなら、人から直接感謝され、自分の愛する人と共に頑張れる整体という仕事が大好きだからです。
皆さんも整体やアロマという仕事を通して人の役に立ち、自分のライフワークと成るよう頑張ってください!

▲ ページの先頭へ

千葉

片岡 吏夏片岡 吏夏 千葉校 詳細

一生懸命に施術をして自分の経験値と技術を
高めていってください。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

近所に住む子供と同級生のお母様に、「整体を習うにはどうしたら良いか」と相談されました。その時、主人が整体師として10年ほど仕事をしていたのでその話しをすると、「一緒に勉強して、自分と同じ仕事をしよう!」と言われ現在、自分たちの整体院を持つ事が出来ました。

印象に残った体験談は?

整体師として13年が経ち、その間に施術させて頂いた方の中に、「膝が痛くて正座が出来なかったのが座れるようになった」「良く眠れるようになった」など、言って頂けるようになりました。
その中でも緊張と不安の中、整体師としての初日、来院して頂いた方から「スッキリした」「楽になった」という言葉を聞いてうれしくもほっとしたことは、いつまでも心に残っています。

プロを目指す方へ

この仕事に”慣れる”ことなく、一生懸命に施術をして自分の経験値と技術を高めていってください。

▲ ページの先頭へ

東京

吉田 結美吉田 結美 東京 立川校 詳細

“心あるセラピスト”になってください。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

この仕事の前は、店舗運営やマネジメント、接客販売の講師をやっていました。
30歳のとき、交通事故に合いました。脛椎捻挫と腰椎捻挫でかなりの痛みを伴うものでした。この痛みとずっと付き合わなければならないのかな。と半分諦めていたところで、あるカイロプラクティックの先生と出会いました。
一回の施術で腰痛がとれ、三回の施術で脛椎の痛みもとれました。これって何?と思ったらこの道に入っていました。
痛くて困ってる人を楽にさせてあげたいと思い勉強をはじめたのがきっかけでした。

印象に残った体験談は?

私の子供が歩き始めたとき、よく転ぶので歩くのが下手だなぁと思っていました。まだ歩きはじめたばかりだし、、、
しかし、明らかにほかの子と違うのです。ある時ずっと観察してました。すると左股関節に問題があるなとわかりました。調整する方向にポンとやるとしっくりきたようで転ばなくなりちゃんと歩けるようになりました。
今振り返るとあの時、放って置いたらいまだに普通に歩けなかったかもしれないと思うと気づいてよかったと子供が力強い剣道をしている姿を見ながらよく思いだします。

プロを目指す方へ

“心あるセラピスト”になってください。
自分が治してやるんだ!よりも、クライアントの話を十分に聴いて痛みや思いに共感し、本来持っている自然治癒力を最大に引き出してあげてほしいのです。

▲ ページの先頭へ

東京

高橋 和之高橋 和之 東京 葛西校 詳細

“とにかく、楽しんで学び、楽しんで仕事をしてください。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

僕、高橋は、小中高とずっと野球をしていました。
丸刈りにして身体もビシビシ鍛えていましたが、何かと体を痛めることが多く、悩まされていました。
怪我で試合に出られないというのは、とても悔しいものでした。
その後、高校での野球部現役が終わり、いよいよ進路をどうするか、と悩んでいた時にふと思い出したのです。
小さい頃に整体を受けたことを…
その時は、痛みが嘘のように無くなり、随分感動したことを今でも覚えています。

すぐに整体や鍼灸といった専門学校のパンフレットを取り寄せ、その中で『カイロプラクティック』というものを見つけたのが始まりでした。
すぐに学校見学にいき入学の決意が固まりました。
それ以来、僕はずっとこの業界で生きています。

印象に残った体験談は?

最近の出来事では、愛媛県から東京の葛西に移る時、担当していたお客様から「先生がいなくなるのは寂しい…」と涙を流してくれたり、手作りのメッセージボードを頂いきました。とても感動しました。
それまでもしんどいことが沢山ありましたが、本当にこの仕事をやっていて良かったなと思える日でした。これからもこの仕事を続けて、たくさんの人にこんな感動を伝えられるように、一生懸命にやっていきます。

プロを目指す方へ

とにかく、楽しんで学び、楽しんで仕事をしてください。
患者さんには必ず、私たち施術者側の気持ち、想いは伝わってくれますし、患者さんからも伝わってきます。
なので、きっと良くなる、自分が良くしてあげるんだ、と強く思いながらやっていれば、必ず良くなってくれます。逆に、しんどいなぁ、良くならなかったら嫌だなぁ、なんて思っていると、どんなに技術があっても良くなりません。
なによりも、あなたの想いが大切です。
でもずっとやっていれば、壁にぶち当たることもあるでしょう。
嫌な思いをすることもあるかもしれません。
その時は、また一歩成長できるチャンスだと思ってください。
必ず努力で乗り越えられます。
そうするとまた新しい自分に出会えるでしょう。

最後に、これからあなたの新たな人生のスタートに関われることを大変嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。

▲ ページの先頭へ

東京

阿部哲史阿部 哲史 東京 銀座校 詳細

“知識を深めと技術を磨く。経験は宝です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

椎間板ヘルニアになった父にもう一度自由に歩いて欲しかったこと。
そして、父を支え苦労している母を癒してあげたかったのがきっかけです。

印象に残った体験談は?

開業して数日、沖縄から東京に旅行に来たご老人が腰痛で来院されました。戸惑いながらも施術を行ったら、「お!お兄さん!腰痛くないよ!すごいよ!!」と大きな声をあげて喜んでいる姿をみたこと。そのあと、一緒に記念撮影をしました。 患者さんとして腰痛を見たのは、この時が初めてでした。

プロを目指す方へ

知識を深め技術を磨く。経験は宝です。
セラピストは終わりのない仕事です。定年はありません。
そんな機会を与えてくれる全ての人へ、感謝を忘れずに。

▲ ページの先頭へ

宇都宮

坂本 裕明坂本 裕明 宇都宮校 詳細

身体の不調に苦しむ人達を楽にしてあげたい!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

私は15年間医療機関で働き、後半の9年間、診療放射線技師として働いていました。
しかしあるとき、全身に原因不明の激痛が走りました。
自宅療養で症状は改善しましたが、以前の職場で働くことはかなわず退職することになりました。
苦労して次の仕事を探し、働いていた矢先、今度は頭痛と難聴が襲ってきたのです。
「上咽頭がん」でした。もちろん働き続けることはできません。治療に専念するしかなかったです。
でも、幸いなことに、私は完治することができました。
2回、私は身体の不調を経験して、なんとかまた働けるようになりました。
その時実感したこと、それは「健康」です。
当たり前ですが、健康の大切さを心の奥底から実感したのです。
だから「人を健康にできる仕事につきたい!」と思いました。
そして探した結果、「整体」という仕事にたどりついたのです。
身体の不調に苦しむ人たちを楽にしてあげたい、「楽になって良かった」というたくさんの笑顔に出会いたい、という思いから、この道に進みました。

印象に残った体験談は?

開業2ヶ月目に重症の変形性股関節症の患者様が来院されました。右脚が外側に真横に向いてしまっていて、脚を持ち上げることができませんでした。
医者からは手術を勧められていましたが、高齢のため、本人とご家族の希望で手術はしないで治したいということでした。
50年前に受けた治療のせいで右脚の筋肉が拘縮し、麻痺していましたが、週に2回の通院で5ヶ月後には直角に脚を上げられるほどに回復しました。
麻痺していた感覚も戻り、足も前に向くようになり、足を引きずらないで歩けるまで良くなり、「手術しないでよかったです。」と感謝されています。
まだまだ可動域は狭いので引き続き通院されていますが、本人の「治りたい」という強い意志が必要なのだと実感しています。

プロを目指す方へ

セラピストの仕事はとても奥が深いです。毎日が勉強です。
多くの患者様を施術することで自然に技術は向上していきます。また、患者様から学ぶこともあります。
この仕事を続けるにあたり、“患者様を楽にしてあげたい”、“患者様に満足していただきたい”という気持ちが大事です。
その気持ちがあれば誰でも、“いいセラピスト”になれると信じています。

▲ ページの先頭へ

宇都宮

田野辺 律子田野辺 律子 宇都宮校 詳細

学び続けていこうとする事に何ひとつ無駄
というものはありません

この仕事をしようと思ったきっかけは?

少し健康に自信のなかった私ですが、いつか技術を身につけたい、できれば、健康もキレイ(女性として生まれたからには・・・)も勉強できるものはないかと考えていました。
そんなとき、知人に紹介されたサロンの先生の技術との出会いがスタートでした。
そしてこちらの学院の資格も取得し、現在開業しています。
施術をしてもらっていた私が施術をする人になりました。
お客様の悩みを伺い、お客様に合ったメニューで施術をし、喜んでいただけるなんて、想像もしていませんでした。

印象に残った体験談は?

現代人は厳しい環境の中で日々生活していると思います。
せめて、私のサロンにいらしたお客様には、身も心も癒されていただきたいと思っています。
ですから、ご自分に対するご褒美やメンテナンスのために通われているお客様から「こちらのサロンがあるから安心なんです」と言っていただけるのが何よりの喜びです。
定期的に長くお付き合いいただいているお客様が多いです。

プロを目指す方へ

“継続は力なり”です。 努力も必要です。技術や知識がこれで充分ということはありません。
でも、身につければすべて自分のものです。
そして全てが役に立ち、お客様からの「ありがとう」や、自分の喜び、やりがいにつながっていきます。
学び続けていこうとすることに、何ひとつ無駄というものはありません。

▲ ページの先頭へ

群馬

佐藤 美幸佐藤 美幸 群馬校 詳細

人を癒す事により、自分も癒されます

この仕事をしようと思ったきっかけは?

会社員をしていた時に、毎日この繰り返しで良いのだろうか?
もっと人の役に立つ仕事がしたい、人の喜ぶ顔が見たいと思うようになり、知人の紹介でこの世界に入りました。

印象に残った体験談は?

常連のお客様でしたが、脳梗塞でたおれ半身不随で入院していらっしゃいましたが少し改善された頃に病院でのリハビリは物足りないと、毎日施術を受けに来られる様になりました。
そして少しづつですが改善へと向かい一年後には手が動く様になりました。

プロを目指す方へ

人を癒す事により、自分も癒されます。
それにより充実した毎日が送れるようになります。happy

▲ ページの先頭へ

群馬

河原田 隆司河原田 隆司 群馬校 詳細

やればやる程この仕事の奥深さを感じています

この仕事をしようと思ったきっかけは?

健康を害し当時やっていた仕事を辞めざるをえなくなり療養している時偶然見つけた「人を癒すセラピスト」の仕事に興味をもち始めました。

印象に残った体験談は?

この仕事を始めて間もない頃は施術にも自信が持てませんでしたが、経験を積みお客様に「スッキリした」「楽になった」と言っていただける様になり今ではやればやる程この仕事の奥深さを感じています。

▲ ページの先頭へ

水戸

天ヶ谷 悦弘天ヶ谷 悦弘 水戸校 詳細

学び続けていこうとする事に何ひとつ無駄
というものはありません

この仕事をしようと思ったきっかけは?

金融機関で働いていた時にひどい坐骨神経痛になり、どこへ行っても治らなかったのが、カイロプラクティックで治ってしまいました。
これをきっかけにカイロプラクティックの素晴らしさに惹かれこの仕事を始めました。

印象に残った体験談は?

片頭痛に悩み、様々な治療をし頭痛学会の大先生の所へも行き、それでも治らなかった患者さんが私の所へ来られて、今ではほとんど頭痛に悩まなくなりました。
特別なことはしていません。カイロプラクティックを基本通りやっただけです。

プロを目指す方へ

努力は必要です。ただ、難しくはありません。やりがいのある、素晴らしい仕事ですよ。

▲ ページの先頭へ

横浜

白川 結稀白川 結稀 横浜校 詳細

人から直接感謝されるこの仕事に誇りを持っています!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

小学生頃、近所に住むお年寄りに腰が90°に曲がった方がいました。なぜあんなに曲がっているのか不思議に思っていました。
その頃から人体に興味を持ちはじめたようです。その後色々本を読んだり、学校に行ったり、気づいたら今の仕事に就いていました。

プロを目指す方へ

手当と言う言葉があります。医学が発達していない大昔から、人の手による施術は行われてきました。セラピストによる施術は、様々な病気の予防になり、健康を保つためにとても重要なことです。
いろいろな職業がありますが、人を癒すことに興味をお持ちの方は、誇りをもって続けていくことが出来る仕事だと思います。

▲ ページの先頭へ

新潟

平田 亮平田 亮 新潟校 詳細

人の役に立てるやりがいのある仕事です。
プロのセラピストを目指して一緒に頑張って行きましょう!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

人の役に立つ仕事がしたいと思いでセラピストの道に。
自分のお店を持つことを目標に23歳で独立。
開業当初は大変なことも山ほどありましたが、あきらめなくてよかったと思っています。
今では良い経験となって充実した日々を送っています。

印象に残った体験談は?

左腕を挙げると痛みが出て寿司を握るのがツライとのことで寿司職人さんが来院されました。肩回りの施術をし、骨格を調整、お帰りの際には痛みが取れ、腕も上がるようになり大変喜んでいただきました。
その後、口コミで寿司職人さんが次々と来院され、お客様お一人お一人の悩みや痛みに向き合うことの大切さ、そして口コミの重要性を改めて実感した印象に残った施術でした。

プロを目指す方へ

セラピストの仕事は、人の役に立てるやりがいのある仕事です。
ありがとうの感謝の気持ちをたくさんいただける、大切な人を笑顔にできる仕事がセラピストです。そして、その笑顔を見て自分も笑顔になれる。セラピストの仕事は2つの笑顔が生まれます。
プロのセラピストを目指して一緒に頑張って行きましょう!

▲ ページの先頭へ

金沢

安平 亜紀安平 亜紀 金沢校 詳細

スキルを身につけるほどにやりがいを感じる仕事

この仕事をしようと思ったきっかけは?

身内の介護をしていて何もしてあげられなかった時、疲れている人や未病の人のお役に立てる事がないかと思った事と、30歳を過ぎて仕事も選べなくなってきた時に手に職をつけたいと思い希望していたセラピストの仕事に転職しました。

印象に残った体験談は?

五十肩で腕の先までしびれていると言われる方が来られました。脇の下のリンパに老廃物がつまっていたので、肩、腕中心のリンパトレナージュをすすめたところ、一回で腕が上がるようになり、しびれもなくなったようです。

プロを目指す方へ

「楽になった、ありがとう」とすぐにお客様に喜んでいただけるお仕事です。
お客様に施術をしたり、技術を学んだり、練習をしスキルを身につけるほどにやりがいを感じることが出来ます。
他の仕事ではこのような体験はできないかもしれません。

▲ ページの先頭へ

甲府

堀米 稔堀米 稔 甲府校 詳細

お客様の役に立っている事が実感できるる仕事!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

サラリーマンだった私は、勤務先の経営判断で事業所が閉鎖となり、転勤もしくは転職が必要となりました。
メーカーの管理部門の責任者だったこともあり、利益や効率、無理、ムラ、無駄を追求する毎日。
この機会をきっかけに別の人生を歩むことを決意しました。
自分の仕事が世間の皆様の役に立っていることを実感したい。「ありがとう」と言ってもらえる仕事。
そんな思いが行き着いたのが療術の世界でした。

印象に残った体験談は?

次男が所属していたサッカークラブの同級生。首痛に悩まされていた彼は、中学時代ほとんど練習も試合もできませんでした。
卒業と同時にサッカーを諦め、スパイクを封印したのでしたが、藁をも掴む思いで私の整体院に来てくれました。
2回目の施術が終わった頃、お母さんから「ボールを蹴り始めました」との連絡。
その後、高校のサッカー部に入部した彼は上級生になり、県大会のチーム紹介で、キャプテンとしてコメントしていた新聞紙面を見たときの喜びは忘れられません。

プロを目指す方へ

この仕事の魅力はお客様の役に立っていることが実感できることです。
苦痛で下を向いていたお客様が、お帰りのときは笑顔で前を向いて帰っていく姿を見送る達成感、充実感をあなたも必ず感じることができるでしょう。
そしてあなたの努力で自分の引き出しが増え、ステージが広がり、様々なお客様と向き合えるようになります。
この仕事にゴールはありません。私ももっともっと前に進もうと思っています。
一緒にゴールを目指しませんか。

▲ ページの先頭へ

甲府

上野 陽子上野 陽子 甲府校 詳細

人をキレイにする仕事がしたかった!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

私自身、美容の仕事につこうと思ったきっかけは、本当に単純な理由ですが、自分自身もいくつになってもキレイでいたいし、人をキレイにする仕事がしたかったからです。

印象に残った体験談は?

マッサージをしたあと、トイレが近くなり、ムクミがなくなったというお客様が多かったです。
女性は特に冷え症の方が多いですが、冷え症が改善されて、そしてセルライトがなくなったというお客様の声もありました。

プロを目指す方へ

最初は人に触ったりするのが怖かったり、体の事を勉強するのが難しく思う方もいらっしゃると思いますが、私自身この仕事を始めたのは24歳でした。
特別頭が良いわけでもなく、早いうちから始めたわけではないです。
でも、興味がある事は自然と頭に入ってくるし、技術も磨かれていきます。
美容の仕事、手に職を持つ一歩になれたらいいなと思っています。

▲ ページの先頭へ

長野

小谷 英一小谷 英一 長野校 詳細

喜んで頂けることが、なによりのやりがいになりました。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

サラリーマン時代腰を痛めたことをきっかけに身体の使い方に興味を持ちました。
そして時々、整体院通い。ついに自分でも施術してみたくなってしまい、気が付くとこの仕事にどっぷりとハマってました。

印象に残った体験談は?

開業して間もない頃、ぎっくり腰の方からのご予約がありました。
聞くとその方、週末新婚旅行で海外へ。緊張の中、自分ができる限りの施術を行い、術後お客さんからは「腰の痛みがとれて軽くなりました」とのお言葉をいただき、さらに後日「無事旅行にいけます」、とお礼のお電話をいただきました。
喜んで頂けることが、なによりのやりがいになりました。

プロを目指す方へ

独立開業をめざす。人を癒すことを喜びに感じたい。
目的ややりがいは人それぞれ。そんな一生の職業セラピスト。
当学院はそんなあなたに技術や知識を伝えます。
卒業後、あなたの施術は、組み合わせやスタイルを変えることで無限大。
そんな個性的なセラピストを、目指してください!

▲ ページの先頭へ

静岡

山口 隆司山口 隆司 静岡校 詳細

たくさんの方の笑顔を作りましょう!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

もともと腰痛持ちの私は知り合いの接骨院に通っており、院長先生から身体の事を聞く内に興味を持ち仕事として従事したくなり、院長先生のアドバイスのもと整体師になることを決意しました。

印象に残った体験談は?

サッカーのクラブチームに所属している中学生の選手が、県大会を前に右の腰から足まで痛みとしびれに悩まされ、出場を諦めていましたが、私の施術を受けて無事に試合に出場し、試合後に私の所へ来て「ありがとうございました!」の笑顔。私はその笑顔を忘れません!

プロを目指す方へ

たくさんの方の笑顔を作りましょう!

▲ ページの先頭へ

名古屋

望月 佐多央望月 佐多央 名古屋 名駅校 詳細

困っている人を助け、感謝され、笑顔になっていただける仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

学生のころ空手、ラグビーをしていたこともあり、自分自身が身体を痛めて施術を受け楽になった経験から、「自分でもこんな技術を身につけたい!」と思ったのがきっかけでした。

印象に残った体験談は?

初めて施術を担当させていただいた方から「すごく楽になった!」「先生今度はいつ来たらいい?」と言って頂けたことが今でも忘れられません。
未熟ながら自分の行ったことで身体が楽になり、喜んでいただけたことが涙が出るほどうれしかった体験が今でも原動力になっています。

プロを目指す方へ

困っている人を助け、感謝され、笑顔になっていただける仕事です。
笑顔をみれば疲れは吹き飛びます!
そのために日々勉強と努力は欠かせません!知識と経験は必ず患者様の笑顔につながっていると実感できますので自然と勉強が面白くなります。
ぜひ一緒に学びましょう。

▲ ページの先頭へ

京都

森口良子森口 良子 京都校 詳細

もっと早く出会いたかった!といううれしい一言・・・

この仕事をしようと思ったきっかけは?

実家が接骨院だったこともあり、小さいころから私も父のような仕事がしたいと、漠然と思っていました。
学生時代はバスケットボールをしていてよく怪我もしたので、スポーツでの怪我の予防に役立つ整体やマッスルトリートメントの技術をアイ・セラピスト専門学院で学びました。

印象に残った体験談は?

1年間腰痛に悩まされていた40歳の女性の患者様のことです。病院や接骨院、鍼灸院等いろんな治療院に通われていました。
マッサージや温熱療法、電気療法、腰の牽引等どの治療方法もあまり効果がなく、病院の注射や薬は痛みはとるものの一時的なものでした。
その患者様の腰をみると右の骨盤がひどく歪んで動きもほとんどありませんでした。
スクールで習った骨盤調整の技術でゆっくり施術したあとに立ち上がって頂いたら、ものすごく軽くなったとのお喜びの言葉を頂きました。
わずか10秒の施術が、人の人生も変えることができるカイロプラクティックに私の方が驚いたぐらいでした。

プロを目指す方へ

私はセラピストになって、わずか数年間でたくさんの感動を患者様から頂きました。 「ありがとう、楽になったわ」「次も先生でお願いできますか?」 まだまだ半人前の私に、もったいない言葉を頂くたびに「頑張ろう!」という気持ちになります。
セラピストは、とてもやり甲斐のあるお仕事です。 勉強は楽しいときも、難しいときもありましたが、ぜひチャレンジして下さい。

▲ ページの先頭へ

梅田

武本 美樹子武本 美樹子 兵庫神戸校 詳細

直接感謝の言葉をいただける、数少ない仕事です。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

乗馬クラブのインストラクターをしていた時のこと。 左右のバランスがうまく保つことができれば、力を使わずとも馬をコントロールできるのですが、体に歪みがあると無駄に力を使わなければならない等、うまく御すことが出来ないのです。
ストレッチである程度改善できるのですが、大きな歪みがある人は根本から改善しないと無理だと感じたことから、違う方面からのサポートも出来るようになりたいと思い、カイロプラクティックを学び始めました。

印象に残った体験談は?

更年期の症状をお持ちの患者さんにカイロと組み合わせてアロマのマッサージも取り入れて施術をしました。
(オイルはクラリセージをメインにその他の症状にあわせて何種類かをブレンドして使用)
数ヶ月、生理がなかった患者さんが2回目の施術後に生理がやってきたと喜ばれたと同時にカイロプラクティックとアロマセラピーのすごさに自分自身も驚きました。
患者さんそれぞれに応じて施術内容を考えたことが、うまくいったときは患者さんと共に喜びを共有できるのがうれしいですね。

プロを目指す方へ

施術の際にクライアントの症状にあわせて、何が必要とされるのかを考え、施術を組み立てることが大切だと思います。
その為にいくつかの技術を持つことは、施術者として安心につながります。
整体、リンパトリートメント、マッスルトリートメント、アロマオイルマッサージ、リフレクソロジーなど、引出しを多く持つことも、セラピストとして重要だと思います。

▲ ページの先頭へ

和歌山

中村 斗美中村 斗美 和歌山校 詳細

楽しい事を仕事にしたら、まいにちが楽になりますよ!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

もともと、接客業が好きでリラクゼーションの仕事にも興味がありました。ある日、急に首が痛くなり仕事にも行けなくなってカイロプラクティックに行きました。
その時驚くほど痛みが取れカイロプラクティックの素晴らしさを実感しました。そのことがきっかけでカイロプラクターの道に進むことをきめました。

印象に残った体験談は?

私の治療院は、クリニックという雰囲気はあまりなく自分の部屋に遊びに来てもらうような雰囲気にしています。そのせいか、来られる方は話し好きの方が多く、毎日色んな方と話をして楽しんでいます。
クライアントに『週に1回は、来たい』と言われた何気ない一言が、とてもうれしかったです。

プロを目指す方へ

私は、スクールに通い始めた頃、何回骨の名前や筋肉の名前を見ても覚えられず、整体の実技も分からない事だらけで不安がいっぱいでした。
でも、繰り返し先生が教えてくれたおかげで、無事にテストも合格できました。
何かを始める時は、不安がいっぱいだと思いますが、出来るようになると楽しくなります。そして、楽しい事を仕事にしたら、毎日が楽しくなるのでみなさんも頑張りましょう!!

▲ ページの先頭へ

鳥取

伊達 正徳伊達 正徳 鳥取校 詳細

知識・技術が、症状の改善や癒しへと繋がる
やりがいのある仕事!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

野球で痛めた肘をなんとか使えるようにしたいといろんな本を見て自己流ではじめた事がきっかけでこの仕事に興味を持ちました。

印象に残った体験談は?

定期的に利用して頂いているお客様に「この時間(施術を受けている時間)がいつも楽しみ」と言って頂けることです。

プロを目指す方へ

自分が習得した知識・技術が、そのままお客様の症状の改善や癒しへと繋がるやりがいのある仕事だと思います。
最初は不安や苦労する事もあるかとは思いますが、その先のなりたい自分をイメージして自分のペースで頑張りましょう。

▲ ページの先頭へ

福間 和美福間 和美 島根校 詳細

何はともかく行動してみる、そして探求してみる、
そしてとにかく続ける事だと思います。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

仕事に迷っていた25歳の時、友達に「エステで働いてみたら?あなたに合ってると思うよ」と言われ友達の通っているエステについて行ったのがきっかけです。
必死だったように思います。その当時有難いことにお給料をもらいながら研修や実習をたくさん受けることができました。
その後いろいろな経験をして起業のチャンスがあったので、知識、技術、経験を活かしてお客様を癒せるお店を作りたいと思いお店を開きました。

印象に残った体験談は?

痛いところを少しでも楽にしてあげる、トラブルを解消してあげるなどは当たり前のことで、それに対して「ありがとう」と言われるのもうれしいのですが「話していて楽になった」「元気になった」と言ってくれるお客様が沢山いることはとてもうれしくて「このサロンに身体と心を癒しに来ている」と言っていただいたことはとても印象に残っています。

プロを目指す方へ

何はともかく行動してみる、そして探求してみる、そしてとにかく続ける事だと思います。
そして、おもてなしだとか、気遣いだとかが加われば最高のプロになれると思います。
私も最高のプロを目指しています。
一緒に勉強しましょうね!!!!!

▲ ページの先頭へ

岡山

玉井 憲寿玉井 憲寿 岡山校 詳細

技術や患者を思う気持ち・・・プラス知識が重要!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

22歳の時でした。テレビでカイロプラクティックを見て興味を持ち案外簡単そうに思えたのでやってみたいと思いました。
当時は治療の難しさとか何も考えていませんでしたね。
学び初めのころは、人を癒すことなど二の次で、とにかくテクニックを上げることに夢中でした。

印象に残った体験談は?

テクニックが上手くなった頃、何をやっても良くならない坐骨神経痛の患者に「痛みを解ってあげたい」と思ったら自分も同じ症状になりました。
その後1年半自身の坐骨神経痛に悩まされました。そして、自分を痛みから解放してくれたのは一冊の神経診断学の本でした。
技術や患者を思う気持だけでなく、知識が重要であることに気づきました。

プロを目指す方へ

講師の先生方は経験豊富な臨床家なので皆さんの「良い所」「悪い所」を見つけてくれます。
素直な気持ちで耳を傾けてしっかり技術を身につけてください。
また技術の習得には早い人や遅い人がいます。
「自分は少し遅れてるかな?」って思っても、長い道のりのほんのわずかの差ですし、なにもレースをしているわけではありません。
焦らずゆっくりと努力すれば必ず良いセラピストになれるでしょう。頑張ってください。

▲ ページの先頭へ

岡山

浮田  陽子浮田 陽子 岡山校 詳細

この仕事をしようと思ったきっかけは?

25歳の時に美容の世界と出会いました。担当したお客様に「ありがとう」と言われた時、とても嬉しかったです。
お客様から”ありがとう”の声をいただく度に、私自身が喜ばれる事に、喜びを感じる日々を過ごしたいと思ったからです。

印象に残った体験談は?

肩こりで夜、なかなか眠れないお客様にオイルマッサージをしました。
受けたその日に、ぐっすり眠れて本当にすごい!!肩こりがすごく楽になりました。と言われた事です。

プロを目指す方へ

人から「ありがとう」と言っていただける本当に素晴らしい仕事です。
新しい事を始めたりするときは、焦りや不安になる時もあると思います。
しかし、それは自分が成長しているとき。楽しんで一緒に進んでいきましょう。

▲ ページの先頭へ

広島

森重 普貴森重 普貴 広島校 詳細

セラピストとして必要なことは、向上心と謙虚な姿勢

この仕事をしようと思ったきっかけは?

子供の頃、野球やサッカー、スキーなど体を動かすことがとても好きで、小学校4年生から大学までサッカーを続けました。
高校の時、全国大会に出場したことは良い思い出です。就職する時もできればスポーツに関係した仕事がしたかったですが、機械系の仕事をすることになり、CADや資料作りでパソコンに向かうことが多かったです。
しかし、このままこの仕事を続けたくないと、ふと思うようになります。スポーツに携わる仕事はないものかと本屋へ行くとカイロプラクティックという見た事のない文字を見つけました。専門学校を卒業するとスポーツトレーナーにもなれると書いてあり、すぐに資料を請求し入学しました。
学生生活は苦労もありましたが、とても楽しい期間でしたね。
そして学校を卒業して治療家の道がスタートしました。仕事ですから大変なことはありますが、なぜかこの仕事を嫌いになった事はありません。サッカーが上達していくのと同じなのかもしれませんね。

印象に残った体験談は?

やはりその場で症状が改善したときです。
しゃがめずに腰が痛いと言っている患者さんがその場でしゃがめるようになった時は気持ちよかったですね。
また、高校生陸上部の男子が県大会の5日前に足首を捻挫してしまい歩くのもうまくできない状態から毎日施術を行うことで、何とか走れるかなというところまで回復し、試合が終わって結果の連絡が入った時「優勝しました」と言われたときは、非常に驚きました。施術の途中にこんな状態で全力疾走は無理だと思った時もあり病院で「剥離骨折」の診断から、5日後の試合で予選、準決、決勝と3本走り優勝したことは忘れられません。

プロを目指す方へ

何事も基本が大事です。整体等、もちろん技術は必要ですが、体の仕組みを勉強する事もとても大事なことです。しっかり基本を学んでください。
不安より期待が高まってる方!あとは夢や目標に向かうのみです。サロンにはいろんな方が来ますので人脈もひろがりとてもやりがいのあるお仕事になるでしょう。

徳島

住友 浩二住友 浩二 徳島校 詳細

新しくチャレンジして全身してい
こうとするあなたを応援します。

この仕事をしようと思ったきっかけは?

大学卒業して大手建設会社に就職していた頃、私は酷い寝違いで全く首が動かなくなりました。
そんな時、駆け込んだのがカイロプラクティックの治療家のところで、そこには多くのアスリート達も治療に来ていました・・・
そして、それは一瞬の出来事で「えっ、何」と思っているうちに、すでに首は動いていました。
本当に本当に大きな驚きで心底感動しました。
そこからカイロプラクティックに興味を持ち、思い切って治療家を志すようになったのです。
それ以来、カイロプラクティックの技術に磨きをかけ、治療家(セラピスト)として十数年歩んでいます。

印象に残った体験談は?

あるひとりのご婦人に出会いました、十年以上もご両親の介護をされ、腰と足の激しい痛みにより歩行困難な状態で、日常生活も儘ならない日々が続いていました。
当時の私は、ただただ無心に治療させて頂くだけでしたが、治療3回目からは、痛みの症状は無くなり、当初は覇気の無かった顔にも笑顔が見られるようになったのです。
ある時、ご婦人から言われました。
「私は今とても幸せで毎日が楽しくて仕方ないのです。これまで出来なかったことが何でも出来るし、昔から私をよく知る人が、最近のあまりの元気な姿に驚いています。電話の声すらも以前と全く違うと言われますよ。」と目に涙を浮かべながら話してくれました。
いやぁ~嬉しかったですね。私も泣きそうになりました。私はご婦人から治療家としての進むべき道を教えて頂きました。この貴重な経験が出来たこと、そしてこの素敵なご縁に心から感謝しています。

プロを目指す方へ

身体の仕組みや骨・関節・筋肉のこと・・・初めての言葉ばかりで覚えることは大変多いです。

ですが、あなたが「治療家やセラピストを目指す」ということは、あなたがあなたらしく実り豊かな人生を送る為に、そしてあなたの大切な時間や労力を費やし、情熱を傾けるに値する価値あることとなるでしょう。

新しくチャレンジして前進していこうとするあなたを応援します。治療家として・セラピストとして、確かな知識と卓越した技術を習得する為、徳島校ではあらゆる準備が出来ています。

何よりこんな楽しくワクワクする仕事であることをお伝えしたくてウズウズしています(笑)

▲ ページの先頭へ

高松

佃 雄一藤澤 桂子 香川高松校 詳細

人を幸せな気持ちにでき、自分も幸せになれるお仕事です

この仕事をしようと思ったきっかけは?

もともとアロママッサージが好きで、月に一回自分へのご褒美で受けるマッサージはとても楽しみな時間でした。
人に幸せな気分になってもらうことで自分自身も幸せになれたら素敵だなと思い、アイ・セラピスト専門学院でアロママッサージとリフレクソロジーを学びました。
最初はとても軽い気持ちで始めましたが、今では私にとって最高のお仕事だと実感しております。一生続けていきたいと思っています。

印象に残った体験談は?

出張で高松にいらしていた方がアロママッサージを受けられました。
施術後、「こんな気持ちいいマッサージは受けたことがない」と言っていただき、遠方にもかかわらず、休みの日にわざわざ通ってくださっています。セラピストとしてこんなありがたいことはありません。

プロを目指す方へ

人を癒せるこのお仕事は、人を幸せな気持ちにでき、自分も幸せになれるお仕事です。素敵なセラピストを目指し頑張りましょう。

▲ ページの先頭へ

松山

友田 義大友田 義大 愛媛松山校 詳細

人生を根底から変えることができる素晴らしい職業です

この仕事をしようと思ったきっかけは?

私が看護師をしていた時、腰のヘルニアになりました。
病院では薬を処方されるだけの治療に一向に症状の改善が見られず不安を感じていましたが、それを見かねた友人が紹介してくれたのがカイロプラクティックでした。
本当に足のしびれが取れる。
ちぎれるほどの足の痛みが消失する。
まさに、「感動」の一言でした。
この仕事を私の職業としたい。
カイロプラクティックに自分の人生を捧げたい。
そんな想いで看護師からカイロプラクティックの仕事に転職しました。

印象に残った体験談は?

当院に来られている70代後半の女性から、「20年以上も色々な治療院に行きましたし、治療のために大金も使いました。 でも、ここの先生との巡り合わせで20年前より若い自分で居られることを嬉しく思います。 死ぬまでここに通わせていただきます。」 と、患者さんのコミットメントを頂いた時治療家冥利に尽きる思いでした。
他にも、10年以上治療をさせていただいている患者様もおられます。
骨の位置も関節の動きも分からない超素人であった時から私の事を信じて診させてくださる4名の患者様。
私はその4名の患者さんがいるからこそ、今の自分がいるのだと確信しています。

プロを目指す方へ

カイロプラクティックという仕事は最高の仕事だと思います。
あなたも、あなたの手で本当に困っている方を救う事ができたなら…
あなたはきっと使命感や充足感を感じることでしょう。 カイロプラクティックは患者さんの人生を根底から変えることができる素晴らしい職業です。
残念ながら、本物の治療家はまだまだ少ないのが現状です。
もし、あなたが
・愛する家族の為
・大切な人を守るため
・人助けが好き
・人が好き
・自分の存在価値を見出したい
・充実した人生を歩みたい
・最高の仲間と人生を謳歌したい
上記の項目から1つでもチェックが付いたならぜひ私たちと貢献の人生を歩みませんか?
私は生まれ変わってもカイロプラクターになります。 それほど、HAPPYな職業です。 ぜひあなたも私たちと一緒にHAPPY LIFEを送りましょう。

▲ ページの先頭へ

松山

友田 義大武智 和子 愛媛松山校 詳細

技術だけでなく、心の在り方もお伝えできたらと思います

この仕事をしようと思ったきっかけは?

結婚して、3人の子育て中心の生活を約10年すごしてきました。気が付けば、30代後半になり、再就職を考えるようになりました。何か手に職をつけたいと思い美容の世界に入りました。
人をキレイにする前に、まず自分を磨かなければならないと痛感しています。

印象に残った体験談は?

お客様に結果を出して、喜んでいただけた時が一番うれしく思います。
また、お客様に「良いお仕事ですね。」と言っていただけたときにやりがいを感じます。
70歳代の方が「キレイになりたい。」と来店されます。 女性は何歳になっても、諦めなければ、綺麗になれます。

プロを目指す方へ

私自身、セラピストのスタートは、決して早くないです。 何歳になっても、始めるのが遅すぎることはないです。
人に感謝されて、お金をいただける素晴らしい仕事だと思います。
技術も大切ですが、一番大切なのは、お客様をおもてなしするホスピタリティの心だと思います。
プロを目指す方には、技術だけでなく、心の在り方もお伝えできたらと思います。

▲ ページの先頭へ

高知

中澤 大輔中澤 大輔 高知校 詳細

現代社会のストレスを癒せるセラピスト

この仕事をしようと思ったきっかけは?

幼少の頃から癒しに大変興味があり当時家にあった指圧の本を丸暗記して家族にしていました。
学生時代は少林寺拳法の整法を学び後輩を癒したり、大学でマッサージの教科を履修し、名古屋のリラクゼーションサロンに就職しました。
現在は故郷の高知でリラクゼーションサロンを営んでいます。

印象に残った体験談は?

一期生の学生が家族に施術をし、たいへん喜ばれたことを話してくれた時は講師としてとても嬉しかったのを覚えています。

プロを目指す方へ

うちの教室で学んで、やがては巣立っていく生徒さんたちに…
最近はPCやスマホなどで閲覧できる動画サービスにて整体技術の動画も溢れていますが、きちんとした教育もなく、見よう見真似で行うのは大変危険です。
常にクライアントを思った施術を心がけましょう。
クライアントから直接感謝の言葉をいただけるこの癒しの仕事はとてもやりがいがあります。
現代のスピード社会でのストレスを、少しでも癒せるセラピストを目指しましょう。

▲ ページの先頭へ

長崎

森 二郎森 二郎 長崎校 詳細

人から直接感謝されるこの仕事に誇りを持っています!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

コンピュータ関係の仕事をしているとき、身体の調子が悪くなるとよく整体に行きました。
身体が楽になるたびに先生に感謝してました。
そんな仕事を私もしたいと思うようになり、先生に相談したところ、「しっかりと技術を習得すれば、施術するたびに患者さんに感謝される仕事ができるようになりますよ。」
と背中を押されて始めました。

印象に残った体験談は?

陸上部の学生さんが記録会直前に腰を痛め走れなくなり、来院されました。
痛み緩和の施術と走るフォーム調整のアドバイスをさせて頂き、記録会に出場することができ結果記録も更新することができ大変感謝されました。
その後卒業まで身体のメンテナンスにご来院頂いたことが印象に残っております。

プロを目指す方へ

この仕事は身体の不調に苦しむ患者様を少しでも楽にするお手伝いをさせて頂くために一生勉強する価値のあるお仕事です。私も施術しながら勉強勉強の毎日を過ごしております。
一緒に少しでも患者様のお役に立てる技術を身につけて行きましょう。

▲ ページの先頭へ

長崎

林田 盛樹加唐 文 長崎校 詳細

人から直接感謝されるこの仕事に誇りを持っています!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

学生の頃から母や祖母によくマッサージをしていました。その頃からコリを探すのが楽しく、楽になったと言ってもらう事に喜びを感じていました。
最初の就職先は洋品店に勤めていましたが、やはり人を癒すことを仕事にしたいと心に決め、整体の学校へ通い始めました。
今は独立してリラクゼーションのお店を3店舗経営していますが、あの時の決断は自分でも素晴らしかったと思っています。

印象に残った体験談は?

頭痛で悩まれている方が来店された時の事です。
この方は毎日頭痛がひどく薬も持ち歩いておられました。
施術を開始すると、頸部にひどいむくみを確認したので、そのむくみを流し、頚椎のズレをもとの位置に調整。施術後は頭痛が全く無くなったと喜んでおられました。
その後何度が来店していただき、頭痛がくる周期がかなり長くなったと喜んでおられた時の顔が忘れられません。

プロを目指す方へ

プロを目指すのであれば技術を向上していくのは当たり前のことで、何よりもお客様に喜んでもらおうという心持ちが重要だと感じます。
お客様に喜んでもらおうと思う気持ちは必ず伝わるので、その気持ちをいつまでも忘れずに頑張ってほしいです。

▲ ページの先頭へ

北九州

宇野 優喜宇野 優喜 福岡 北九州校 詳細

人から直接感謝されるこの仕事に誇りを持っています!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

学生の頃、腰を痛めて治してもらったのがきっかけでこの仕事につきました。

印象に残った体験談は?

肘内症をはじめて整復したときははらはらどきどきでした。
整復した後のきょとんとした患者様のお顔がとても印象的で今でも覚えています。

プロを目指す方へ

人に感謝される素敵な仕事です。
患者様を笑顔にできるように日々研鑽、技術を高めよう!
誰でも始めての患者様はどきどきすると思いますが、最初の一歩を踏み出した時、セラピストとしての実感や喜びを感じることができると思います。そのためにはアイ・セラピスト専門学院でセラピストとしての技術を基礎からしっかり学び、1日でも早く現場を実感じてください。それが何よりの近道であり、あなたの成長につながります。

▲ ページの先頭へ

藤本大輝藤本 大輝 福岡 天神校 詳細

この仕事をしようと思ったきっかけは?

「なんとなく」ですね!
これまでの「縁」や「人との繋がり」のひとつひとつが、今の仕事に導いてくれた。と感じています。

ただ、素直に「なんとなく」の気持ちを大切にしていたら今の仕事をやっていて、気が付いた時には、「大好きなこと」になっていました。
今は、この「大好きなこと」に時間を忘れて没頭しています!

みなさん、きっかけは
「幼いころに、マッサージをしたらお母さんに上手だとほめられた」
「いつも腰を痛がっている彼女のマッサージをしてあげたい」
「いまの仕事は自分には向いていない気がする…」
など、いろいろあると思いますが、まずは「マッサージをやってみたい!」
の気持ちがあれば、この仕事を選ぶのに十分な理由だと思っています。

印象に残った体験談は?

ずっと膝の痛みでご来院していたおばあちゃんが、ある日、施術後のベッドサイドに杖を忘れて帰られた事がありました。
杖を見て、ひとりでニヤニヤしてしまいました。

自分が一人の施術者として、自分の施術に自信をもった瞬間でしたね。

プロを目指す方へ

今、このページを読んでいる、その気持ちをいつまでも大切にして欲しいです!

▲ ページの先頭へ

熊本

平田 早苗平田 早苗 熊本校 詳細

自分の経験を糧に、痛みに悩んでいる人を救いたい

この仕事をしようと思ったきっかけは?

二十歳の時、ギックリ腰を立て続けに3回も患い、短時間の車の運転もままならない程の痛みで仕事も辞めてしまいました。
腰の治療に病院、接骨院、鍼、灸、整体などいろいろ通い、その中で整体で体が良くなったのです。
通っていた整体院にスクールがあったので、「自分の経験を糧にして、痛みに悩んでいる人達に施術が出来れば・・・」と考えてこの道に入りました。

印象に残った体験談は?

腰を痛めた方が男の人2人に抱えられて来院されました。
痛みで動けないのでひとまずベッドに横になってもらい、問診しながら腰に関わる筋肉を整えていきました。
硬くなっていた筋肉を緩めるため、患者様の痛みを確かめながら、ゆっくりゆっくり、一生懸命施術しました。
帰るときにはゆっくりですが自分で歩いて帰ることが出来るようになり、「良かった!」と心の中で大喜び。
少し自信を持つことが出来ました。

プロを目指す方へ

覚えるときは何事も大変ですが、人の身体は知れば知るほど面白いと私は感じています。
身体全体の仕組み、筋肉、関節を勉強し、実際に人を相手に練習していきながら成長することで、プロになれると思います。
皆さん頑張って下さい!

▲ ページの先頭へ

宮崎

福島 正樹福島 正樹 宮崎校 詳細

お客様の大事な時間に関わる事ができる仕事

この仕事をしようと思ったきっかけは?

小・中・高・大学と剣道をしていて高校の時に痛めた腰や足が完治せず、大学で剣道をするにあたり、病院や接骨院、整体院などは必要不可欠でした。しかしその中でも人の手による手技はどこか温かく、安心感のようなものを感じていました。それをできるのはセラピストであることは言うまでもありません。自分を救ってくれた人の手がこの仕事をする十分なきっかけになりました。

印象に残った体験談は?

宮崎はサーフィンやゴルフに来られる県外の方が多いため、そういう方をよく施術します。近くにホテルがたくさんあるため神奈川から2名来院されたのですが、1人の方がギックリ腰でやっと歩いてこられたのですが、その方を施術して帰りには「これで明日の最終日サーフィンができる」と笑顔で帰られたのが印象的でした。以来、半年に1回はサーフィンをしに来られるため、来県されるたびにご来院してくださるようになりました。

プロを目指す方へ

この仕事を10年やっていますが毎日が勉強の日々です。パーフェクトというのは無い職業だと思います。しかし一番大切なのはご利用された方としっかり向き合うということだと思います。術者が満足のいく施術が患者さんに一番いいかというと意外とそうでもなく、何を求めて来院されたのかということを理解しなければいけないと思っています。その為に、しっかり勉強して下さい。しっかり聞いて下さい。しっかり話してください。それが我々セラピストだと思っています。

▲ ページの先頭へ

鹿児島

柚木山 弘昭柚木山 弘昭 鹿児島校 詳細

お客様の大事な時間に関わる事ができる仕事

この仕事をしようと思ったきっかけは?

大好きだったお婆ちゃんがある日病気になりました。病気が発覚して1ヶ月もしないうちにお婆ちゃんは亡くなってしまいました。
亡くなるまでの1ヶ月間、可愛がってもらったお婆ちゃんになにか恩返しがしたい、大好きなお婆ちゃんの体の痛みを少しでも楽にできる方法はないだろうかという想いが沸き、この出来事がセラピストになりたいと思うきっかけになりました。

印象に残った体験談は?

私がこの仕事を始めたばかりの頃、大学生の女の子が肩凝りで来院されました。
それから大学を卒業するまで通っておられたのですが、就職先が県外へと決まり、私も開業することになるなど、そのお客様とは連絡が取れなくなっていました。
ところが開業して数年後、偶然当院へ来院されたのです。
ご結婚されて鹿児島へ帰ってこられたとのことで、それからも時々来院されています。
現在は妊娠中でもうすぐ出産予定とのこと。学生だった頃から結婚、出産という、お客様の人生の幸せな時間に少しでも関わることができ、幸せな気持ちでいっぱいになります。
同時に、このようなお客様の大切な時間に関わることができるセラピストとしての仕事に、やりがいと責任を日々感じています。

プロを目指す方へ

学校を卒業してからがスタートです。年齢や男女の差は関係ありません。
どれだけお客様の事を考え、どれだけ勉強し練習に専念する事が出来るかで今後のセラピストとしての人生が変わってくると思います。
「鹿児島県になかなか予約の取れない先生がいるらしいよ」と、お客様伝いに当学院卒業生の名前を聞く日が来ることを夢に、そして近い将来夢が現実になる日を楽しみにしています。

▲ ページの先頭へ

鹿児島

山元 和美 山元 和美 鹿児島校 詳細

老若男女問わず、自分の手を通して
沢山の人を笑顔にできる仕事です

この仕事をしようと思ったきっかけは?

私は、セラピストになる前は、某下着メーカーに勤務してました。
女性の綺麗になりたいという気持ちをサポートすべく、お客様のことを考える日々でした。そんな、ある日、50代の女性が「綺麗になりたい気持ちはあるけれど、肩や腰が痛くてそれどころじゃないわ」と言われ、美と健康の両方をサポートできる仕事がしたいと思い、セラピストの世界に飛びこむ決意をしました。

印象に残った体験談は?

毎日が感動と言っても過言でないですが、ずっと、冷え性で悩まれていたお客様のお話しです。「夏でも、手足が冷えて靴下なしでは眠れません」とのこと。確かに、ふくらはぎも、お腹もカチカチに固まって、少し触っただけでも痛がっていらっしゃいました。3カ月ほど通って頂いたある日、足先の色が変わり、ふくらはぎの浮腫みが一気に流れた感じがしたので、「今度、履けなくなったブーツを是非はいてみてください。」とお伝えしたところ、「ふくらはぎが、細くなってます。ブーツがはけました!」と喜びのメールがきて、改めてやりがいのある仕事だと感じました。

プロを目指す方へ

老若男女問わず、自分の手を通して沢山の人を笑顔にできる仕事です。
また、私は、シングルマザーですが、自宅で開業できるため、子供との時間を大切にしながら、できる仕事なので最高です!

▲ ページの先頭へ

沖縄

兼城 和馬兼城 和馬 沖縄校 詳細

結果が出てくるとやりがいを感じると思います。
頑張りましょう!

この仕事をしようと思ったきっかけは?

小学から高校までサッカーをしていました。高校時代ハードなトレーニングにより腰に痛みを感じるようになりました。そこで整骨院に通うようになって、痛みが改善していきました。
自分も施術する立場になってたくさんの人を救いたいと思いこの業界に飛び込みました。

印象に残った体験談は?

肩と腰の痛みで来院の女性が数回の施術で改善していきました。
さらに数ヶ月生理不順が続いていたのが、施術後から定期的にくるようになったと喜んでいました。
体を整えることで素晴らしい効果がある事を実感しました!

プロを目指す方へ

最初は難しいと思いますが、知識と技術が身について結果が出てくるとやりがいを感じると思います。頑張りましょう!

▲ ページの先頭へ